こういう音楽番組がほしい! 提案

 ある日、僕は録ったまま放置していた「Covers」を見ていた。途中から随分おじいさんになった南佳孝さんが出てきて、往年の名曲「スローなブギにしてくれ」を苦しそうに歌っていた。懐かしさもあったけれど、残念な気持ちが少し多かったと思う。

 日本の音楽番組って「Covers」のように往年の名曲を独自のアレンジで有名な歌手が歌うか、自分の持ち歌として、勝手に間延びさせて歌うか、お笑いのものまねかで、その当時を再現するような試みは、観たことがない。

 自分の好きなユーミンを例にとると、ユーミンの曲は今でも好きで、たまには聴くけれど、もうコンサートには行かないし、荒井由実時代の曲を今のユーミンが歌ってもなあ。と思っている。

 僕が観たいのは、当時のアレンジそのままで、一流のミュージシャンによる演奏で、ユーミンの声質に近く、もうちょっと歌の上手い10代後半の女の子が歌う荒井由実の世界なのです。

「卒業写真」、「あの日に帰りたい」、「いちご白書をもう一度」、「まちぶせ」なんか聞いたら泣いちゃうだろうし、アルバムを忠実に再現するのも楽しみです。ユーミンが曲の解説をするのも見てみたい。

 歌う女の子はオーディションで選んだりすれば経費もそれほどかからないだろうし、ユーミン並みのスタイルで、歌はもう少し上手く、顔もちょっとよければいいと思うんだけど。その子に曲や詩をつくる才能は求めないんだから。

 こう考えてみると、ジャパニーズポップスも一部はクラシックになりつつあるのではないでしょうか。生み出す時代から表現する時代へ。